壁紙貼り替えのため、既存の壁紙を剥がしたところ、薄い紙が残っていて、所々糊が乾いて剥がれています。

既存の壁紙・クロスを剥がした際の薄い裏紙は、糊で貼り直す必要はなく、そのまま新しい壁紙を貼っていただいても問題ございません。
凸凹が気になるようであれば、その部分のみ下地処理・パテ処理をしていただく方法もございます。

年数が経過している場合、裏紙をキレイに残して壁紙を剥がすのが難しい場合がほとんどです。
(一部剥がれるか、浮いているか、くっついててもすぐ剥がれそうな状態が多いかと存じます。)
上記のような状態の場合、浮いている箇所や簡単に剥がれてしまう裏紙はできるだけ剥がしてからパテ処理をすることをおすすめ致します。

裏紙が浮いている場合の処理方法については、生のり付き壁紙クロスの貼り方・張り方のポイント「裏紙が浮いている場合」をご参考にしていただけますと幸いです。

下地がケイカル板の場合、パテ処理の前に、ヤヨイ シーアップなどのシーラーを塗ることで裏紙の剥がれを防ぐことができます。
シーラーを塗布・乾燥後、凹凸や段差をパテで平滑にし、壁紙を施工してください。


【関連商品ページ】
壁紙・クロスのDIY ボード下地へのパテの塗り方・パテ処理方法(壁の下地調整)<動画>
壁紙の剥がし方と下地調整(貼り替え前の準備)<動画>
1分25秒あたり~裏紙の一部を剥がしてパテ処理する方法を紹介しております。

#施工方法
#被膜
#リフォーム

質問ID:
F0001701
更新日:
2020年09月23日 14:51
閲覧数:
304
役に立った人数:
5

この情報は参考になりましたか?

5人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ