人工芝が施工後にチリチリに溶けている部分があります。

人工芝のパイルは、一般的に130℃の温度で溶解・収縮を起こします。
直射日光と反射光が重なる場所では、パイル(芝葉)が溶解・収縮を起こす可能性がございます。
ガラスや金属等によって太陽光が反射し一点に集中した場合、人工芝の表面温度が130℃を超える場合がございます。
人工芝の特性上、溶けて縮れたり、変色を起こす可能性がございますので、施工場所については、十分にご検討の上、施行を行って下さい。
※通常の太陽光に加え、建物からの反射光が集中すると、パイルの素材であるポリプロピレンおよびポリエチレンが縮れる可能性や溶剤のようなものがこぼれる可能性がございます。


#施工方法
#度
#トゥフデルブ
#施工環境
#品質

補足

No.28418

質問ID:
F0002974
更新日:
2021年08月23日 10:43
閲覧数:
15
役に立った人数:
0

この情報は参考になりましたか?

0人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ