ウール100%とポリエステル混の違いを教えて下さい。

糸の素材上、復元性能については、ウール100%の方が高くなっております。
ただし、混在の組成の目的として、耐摩耗性能を高めるということがあるため、耐摩耗性能ということであればポリエステル混在の方が高くなります。
※製品性能は組成ではなく、製品規格によっても異なり、商品ごとに比較試験を実施しているわけではございません。

蒸れについて、ウールは素材上調質機能があるため、ウール100%の方が蒸れにくくはなっておりますが、体感は人によって異なり、比較試験の実施はしていないことをご了承下さい。

ウール100%は調湿・断熱効果などに優れるため、温かく感じられるかと存じます。
毛100%とは、ウールに他の種類の毛素材も混ざっているタイプとなります。


【関連ページ】
吸放湿性に優れ、高温多湿の日本の気候にも最適!ウールカーペットについて

#商品選び
#耐久性
#特徴
ラグカーペット
オーダーカーペット
カーテン
ビニールレザー&椅子張り生地

質問ID:
F0002415
更新日:
2021年01月20日 16:43
閲覧数:
20
役に立った人数:
0

この情報は参考になりましたか?

0人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ