はめ込み式フローリング クリックeucaは温度変化に対して伸縮が少ないとのことですが、施工時に伸縮スペースをとる必要はないと理解してよろしいですか?

クリックeucaは一般的なPVC床材よりも温度変化による伸縮率が小さい材料を使用していますが、暑いと伸び、寒いと縮む特徴があります。

部屋を暖めて施工することで、ある程度、床材が伸びた状態で施工できます。

そのため、暖房を切った冬場においては寒くなって縮み、壁際に隙間が出来ます。
夏場は、人の住む環境温度においては、標準的なサイズを保つことが出来ます。

閉めきった夏場の極端に暑い部屋ですと、床材がぶつかりあって、継ぎ目の部分が少し段差が出来ることがあります。

気温に応じて冷暖房により施工温度17~25度に設定した状態で施工していただくことで、施工時に伸縮スペースを取る必要はございません。

賃貸にも敷ける!はめ込んで置いていくだけのロック式薄型フローリングで楽々施工!はめ込み式フローリング クリックeuca

#click euca

質問ID:
F0000547
更新日:
2020年01月30日 09:46
閲覧数:
13
役に立った人数:
0

この情報は参考になりましたか?

0人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ