OAフロアの補助脚とジョイントブロックの必要個数を教えて下さい。

ジョイントブロックとは、OAフロアを並べていく時に、2m四方のピッチでOAフロア同士を連結させていく部材です。
必要個数は、1平米につき、5個です。

補助脚は、OAフロアをカットした場合にまっすぐ立たせるための部材です。
カットしたOAフロアに対し1枚あたり3個~4個必要です。
壁に面する部分のOAフロアをカットする場合、カットされると予想される枚数の3倍の数程度必要です。
こちらも10個入りなので、カットするOAフロアの枚数の3分の1から2分の1程度のセット数が必要となります。

SEライトJ50では、補助脚は、1ケース(16枚入り)あたり3個、ジョイントブロックは、1ケースあたり5個おつけしていますので、およその数なら、そちらが参考になるかと思います。

質問ID:
F0000299
更新日:
2019年06月13日 14:05
閲覧数:
79
役に立った人数:
1

この情報は参考になりましたか?

1人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ