壁紙を剥がれている部分や亀裂・穴がある繊維壁への施工手順を教えて下さい。

DIYで行うには、かなり難易度の高い下地調整作業となります。
以下の2種類の方法がございます。

【繊維壁が剥がれている部分が少ない場合】
1) 剥がれかかっている部分を全て落とします。
2) はがれ落ちを防ぎ壁紙が貼れる せんい壁・砂壁おさえ等を塗装します。
3) 剥がれている部分にシンコールパテ 下塗用 J-1 で下パテをします。(大きく盛るためのパテです。)
4)全体的にシンコールパテ 上塗用 J-2 (60分/120分)上パテをします。(繊維壁に凸凹が無い場合は、下パテ部の周辺への施工で問題ございません。)

【繊維壁が剥がれている部分が多い場合】
1)繊維壁を全て剥がします。
2)ヤヨイ化学 シーラー・プライマーシーアップなどのシーラーを塗装します。
3)剥がれている部分にシンコールパテ 下塗用 J-1 で下パテをします。(壁に亀裂があったり大きな凹みがある場合)
4)下パテの周辺にシンコールパテ 上塗用 J-2 (60分/120分)で上パテをします。

繊維壁が剥がれている部分が少ない場合、多い場合、いずれの場合も、きっちりと平坦な下地の壁を作らないと、壁紙にした時に凹凸が目立ちます。


#施工方法

質問ID:
F0002979
更新日:
2021年08月23日 13:31
閲覧数:
78
役に立った人数:
8

この情報は参考になりましたか?

8人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ