カッティング用シートを浴室内の凹凸のある壁に貼る場合、下地処理は必要ですか?

カッティング用シート 水回り・浴室を平らでない壁に施工される場合、パテ処理(凹凸を平らにする処理)は必須ではありませんが、パテ処理をせずにフィルムを貼った場合は、柄の凹凸が表面に浮き出る場合がございますので、プライマーにて、密着力を高める下地処理をしていただくことをおすすめ致します。

コーキングについて、専用のコーキング材は、弊社では取り扱いが無いため、ホームセンター等で浴室用のコーキング材(防カビ剤入りのシリコンコーキング材など)をお求めください。
コーキングの色については、壁材に合わせて、壁材に近い色をお選びいただくか、浴槽や窓枠、床の色に合わせて選ぶ場合もございます。
境目に施すものなので、どちらかの色に合わせていただければと存じます。
参考までに、浴室の場合は、壁材などの色に関わらず、白に近い色のコーキング材を使用されるのが一般的となっております。


#商品選び方
#施工方法
#接着

質問ID:
F0002679
更新日:
2021年03月22日 08:15
閲覧数:
13
役に立った人数:
1

この情報は参考になりましたか?

1人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ