襖貼り替え時に、ベニヤ板張りの戸襖に直接、アイロン張りタイプや再湿糊タイプは施工可能ですか?

アイロン張りタイプ、再湿糊タイプのふすま紙は、いずれもベニヤ板面に貼り付け可能です。
また、古い襖紙の上から新しいふすま紙を貼る場合は、古い襖紙の表面に汚れがないかを確認し、汚れがある場合には取り除いた上で施工することで、仕上がり後の浮きや剥がれを防ぐことができます。

古いふすま紙を剥がしたあとのベニヤ板面が毛羽だっていたり、既存の糊が残ったままの状態の場合、貼り付け時の密着不良を起こしてしまいますので、下記手順にて下地処理を施してから貼り付けをしてください。
◆表面が毛羽だっている場合:サンドペーパーをかけて、ベニヤ板の表面の毛羽立ちをヤスリなどで取り除いてから、表面をきれいにならしてください
◆前の糊(古い糊)が残っている場合:しっかりとノリを拭き取ってください

また、ベニヤ板自体が老朽化してアクが生じている場合、再湿糊タイプを貼ると、アクを吸い込み、表面にシミとなって浮き出てきてしまう可能性がございます。
ベニヤ板の老朽化が激しい場合、再湿糊タイプをご使用いただくことはおすすめ出来かねます。


#施工方法
#古い
#のり
#ノリ
#ヤスリ

質問ID:
F0000323
更新日:
2019年06月13日 14:42
閲覧数:
827
役に立った人数:
43

この情報は参考になりましたか?

43人の方が役に立ったと言っています。

関連Q&A

もっと表示

Q&Aで解決できなかった場合
DIYのヒント満載!こちらもご覧ください!
  • DIY教室
  • はじめようDIY
  • DIY事例大募集!!
  • ビズゼロ便
ご質問カテゴリ